研究業績

ホーム > 研究内容 > 研究業績

原著論文

  1. Kawabe A, Yasu T, Morimoto T, Tokushige A, Momomura S, Sakakura K, Node K, Inoue T, Ueda S. CHD Collaborative Investigators.WBC count predicts heart failure in diabetes and coronary artery disease patients: a retrospective cohort study.ESC Heart Fail. 2021; 8(5):3748-3759. 
  2. Uema A, Sugiyama T, Yasu T. A case series of patients with early diastolic mitral regurgitation and left ventricular aneurysm. Clin Cardiol J 2021;5(5):1-3.
  3. Uema A, Tamura Y, Uejima T, Hoshiai M, Ueno A, Nagao M, Tomoe T, Ono S, Maeno E, Mizuguchi S, Kawabe A, Sugiyama T, Yasu T. Early diastolic mitral regurgitation in left ventricular aneurysm. Heart and Vessels. 2021 Oct 24. doi: 10.1007/s00380-021-01958-0. Online ahead of print.
  4. Tamiya H, Tamura Y, Mochi S, Akazawa Y, Mochi Y, Banba N, Nakatani Y, Hoshiai M, Ueno A, Nagao M, Tomoe T, Onozaki M, Uema A, Kawabe A, Sugiyama T, Yasu T. Extended sedentary time increases the risk of all-cause death and new cardiovascular events in patients with diabetic kidney disease. Circ J 2020; 84: 2190-2197.
  5. Hoshiai M, Ochiai K, Tamura Y, Tsurumi T, Terashima M, Tamiya H, Maeno E, Mizuguchi S, Tomoe T, Kawabe A, Uema A, Sugiyama T, Horie Y, Sugimura T, Koike R, Yasu T. Effects of whole-body neuromuscular electrical stimulation device on hemodynamics, arrhythmia, and sublingual microcirculation. Heart and Vessels 2021; 36(6): 844–852.
  6. Kario, K, Nishizawa M, Kiuchi M, Kiyosue A, Tomita F, Ohtani, H Abe Y, Kuga H, Miyazaki S, Kasai T, Hongou M, Yasu T, Kuramochi J, Fukumoto Y, Hoshide S, Hisatome I. Comparative effects of topiroxostat and febuxostat on arterial properties in hypertensive patients with hyperuricemia. J Clin Hypertens in press.
  7. Watanabe M, Sairenchi T, Nishida K, Uchiyama K, Haruyama Y, Satonaka H, Ishimitsu T, Yasu T, Fukasawa I, Kobashi G. Gestational hypertension as risk factor of hypertension in middle-aged and older women. Int J Environ Research Public Health. 2020;17(11):4052. doi: 10.3390/ijerph17114052.
  8. Shimizu R, Fukuda H, Kikuchi Y, Yanaka H, Hata N, Yamazaki M, Nakatani Y, Tamura Y, Yamakoshi S, Kawabe A, Horie Y, Sugimura H, Matsushita Y, Nakamoto T, Yasu T. Clinically Feasible method for assessing leukocyte rheology in whole blood. Heart & Vessels 2020; 35, 268–277.
  9. Yasuda S, Kaikita K, Akao M, Ako J, Matoba T, Nakamura M, Miyauchi K, Hagiwara N, Kimura K, Hirayama A, Matsui K, Ogawa H; AFIRE Investigators. Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease. N Engl J Med. 2019;381(12):1103-1113. doi: 10.1056/NEJMoa1904143.
  10. Yasu T, Shimoyama M, Wada H, Iwakura T, Toyoda S, Kawabe A, Sugiyama T. Homozygous familial hypercholesterolemia with stenosis of the left anterior descending coronary artery successfully treated with weekly low‐density lipoprotein apheresis for 16 years without percutaneous coronary intervention Clinical Case Reports 2019 7(8):1608-1611. DOI: 10.1002/ccr3.2299
  11. Shimizu R, Yasu T, Uema A, Hiki T, Matsushita Y, Fukuda H. Right internal jugular vein thrombosis caused by aneurysm of right-sided aortic arch. J Cardiol Cases. 2018 Apr 2;17(6):220-222. doi: 10.1016/j.jccase.2018.02.005. eCollection 2018 Jun.
  12. Kudo R, Tamura Y, Tamiya H, Ochiai K, Mochi S, Sudo M, Ehara K, Nagasaka Y, Terashima M, Tsurumi T, Tsuboyama Y, Onozaki C, Yamaguchi K, Hara H, Itakura T, Saito Y, Sugimura H, Horie Y, Ueno A, Hoshiai M, Yasu T. Effects of watching favorite video during exercise on exercise economy and autonomic activity: a pilot study with healthy adults. Total Rehabilitation Research 2018; 6: 73-82.
  13. 落合 香、田村由馬、江原恭介、清水理葉、松下恭、安 隆則.重症下肢虚血を呈す末梢動脈疾患患者へのB-SESを用いたブリッジ療法.理学療法科学 2018 33(3):545-548
  14. 松下 恭、清水理葉、下山正博、巴 崇、長尾萌子、安 隆則、堀貴行、緒方孝治、福田宏嗣. ポリウレタングラフト(Thoratec)を使用した腋窩動静脈人工血管バスキュラーアクセス作成術の成績. 日本血管外科学会雑誌2018; 27(4):313-317.
  15. Yasu T, Mutoh A, Wada H, Kobayashi M, Kikuchi Y, Momomura S, Ueda S. Renin-angiotensin system inhibitors can prevent intravenous lipid infusion-induced myocardial microvascular dysfunction and leukocyte activation. Circ J 2018 82(2):494-501.
  16. Ehara K, Tamura Y, Sudo M, Tamiya H, Ochiai K, Kudo R, Terashima M, Tsurumi T, Shimizu R, Mtsushita Y, Fukuda H, Hoshiai M, Ueno A, Sugimura H, Horie Y, Yasu T. Effects of psychological factors on exercise capacity for patients with peripheral artery disease. Total Rehabilitation Research. 2018; 6: 22-32.
  17. 松井瞭友、田村由馬、山越聖子、寺島雅人、鶴見知己、安 隆則.透析患者への下肢骨格筋電気刺激が下肢の除水に与える影響について.理学療法とちぎ.2018 7(1)41-43
  18. 田宮 創、田村由馬、餅 脩佑、赤澤祐介、永坂優美、伴場信之、安 隆則.糖尿病性腎症における活動量計及び質問紙の身体活動量の差異.理学療法とちぎ. 2018 7(1)29-36
  19. 鶴見知己、田村由馬、田宮 創、寺島雅人、工藤玲佳、須藤誠、小倉佳子、大西優子、下山正博、星合 愛、上野明日香、堀江康人、安 隆則.当センターにおける透析中の理学療法.理学療法とちぎ. 2018 7(1)67-70
  20. 寺島雅人、田村由馬、落合 香、髙橋英里、田宮 創、江原恭介、工藤玲佳、鶴見知己、山口佳奈、星合 愛、安 隆則.メディックスクラブ併用により運動アドヒアランスが向上した壮年期心不全の1例.理学療法とちぎ. 2018 7(1)51-54
  21. 江原恭介、田村由馬、落合 香、工藤玲佳、松井瞭友、永坂優美、田宮 創、須藤 誠、清水理葉、松下 恭、杉村浩之、安 隆則.末梢動脈疾患患者に対する心肺運動負荷試験の負荷方法での比較.理学療法とちぎ. 2018 7(1)45-49
  22. 田村由馬,工藤玲佳,田宮 創,寺島雅人,鶴見知己,須藤 誠,関谷直樹,小林孝次,福田瑞恵,矢嶋俊一,中口和彦 ,安 隆則 軽度介護認定者の塩分摂取量と活動量と降圧薬処方の調査-通所介護施設における多施設共同横断研究- 理学療法とちぎ 2018 7(1)13-17
  23. 田村由馬,江原恭介,田宮創,工藤玲佳,寺島雅人,鶴見知己,須藤誠,落合香,髙橋英里,星合愛,上野明日香,清水理葉,松下恭,福田宏嗣,安 隆則 末梢動脈疾患患者への下肢バイブラバス施行による歩行への急性効果 理学療法とちぎ 2018 7(1)33-36
  24. Arao K, Yasu T, Endo Y, Funazaki T, Ota Y, Shimada K, Tokutake E, Naito N, Takase B, Wake M, Ikeda N, Horie Y, Sugimura H, Momomura S, Kawakami M. Effects of pitavastatin on walking capacity and CD34+/133+ cell number in patients with peripheral artery disease. Heart and Vessels. 2017;32(10):1186-1194. doi: 10.1007/s00380-017-0988-1.
  25. Umemoto T, Yasu T, Arao K, Ikeda N, Horie Y, Sugimura H, Kawakami M, Fujita H, Momomura S. Pravastatin improves postprandial endothelial dysfunction and hemorheological deterioration in patients with effort angina pectoris. Heart Vessels. 2017 32(9)1051-1061. doi: 10.1007/s00380-017-0974-7.
  26. Nakatani Y, Maeda M, Matsumura M, Shimizu R, Banba N, Aso Y, Yasu T, Harasawa H. Effect of GLP-1 receptor agonist on gastrointestinal tract motility and residue rates as evaluated by capsule endoscopy. Diabetes Metab. 2017; 43(5):430-437.
  27. 餅脩佑,田村由馬,浅田宏史,落合香,江原恭介,工藤玲佳,永坂優美,田宮創,河邉篤彦,上野明日香,上間貴子,石川まゆ子,杉村浩之,堀江康人,安 隆則.骨格筋電気刺激を含む段階的リハが奏功した慢性血栓塞栓性肺高血圧症の1例 日本心臓リハビリテーション学会誌 23(2-4):179-183. 2017
  28. Ueno A, Kawabe A, Sgiyama T, Ishikawa M, Uema A, Masahiro S, Yasuto H, Toshiyasu H, Hiroyuki S, Yasu T. Out-of-hospital cardiac arrest related to coronary arterial spasm in three elderly patients with no obstructive coronary artery disease. Journal of Cardiology Cases 2017; 16: 154-157 doi: 10.1016/j.jccase.2017.07.003
  29. 須藤誠, 田村由馬, 落合香, 江原恭介, 餅脩佑, 田宮創, 河邊篤彦, 上間貴子, 石川まゆ子, 杉村浩之, 堀江康人, 安 隆則. CAODを用いた入院と外来心臓リハビリテーション患者の作業機能障害の比較 日本心臓リハビリテーション学会誌 2017;23(1):75-79.
  30. 有坂安弘、下山正博、石川まゆ子、小山田諒、藤原信里、齋藤貴規、河邉篤彦、杉山拓史、上野明日香、上間貴子、堀江康人、杉村浩之、安 隆則 停電時のバックアップオンライン自動返血と手動返血の比較検討 日本透析学会誌2017; 50(3):191-195.
  31. 谷中弘一、安 隆則、清水理葉、齋藤望美、大久佐紀子、河邉篤彦、堀江康人、杉村浩之、原澤寬 血液流動性測定装置(BWA MC-FAN)による血液流動性検査前後の生理食塩水通過時間測定の有用性 臨床検査栃木2017 Vol.12 No.2
  32. 田村由馬, 落合香, 江原 恭介, 田宮創, 上野明日香, 石川まゆ子, 清水理葉, 松下恭, 福田宏嗣, 堀江康人, 杉村 浩之, 上月正博, 安 隆則. 重複障害者において、ベルト式骨格筋電気刺激の併用が奏効した一例.日本心臓リハビリテーション学会誌. 2016;22(4):313-316.
  33. 田村由馬、浅田宏史、落合香、江原恭介、餅脩佑、永坂優美、河邉篤彦、上野明日香、上間貴子、石川まゆ子、下山正博、堀江康人、杉村浩之、中元隆明、安隆則:心不全患者の新たな骨格筋電気刺激における心内圧及び心超音波を用いた至適強度の確立と、運動機能及び超音波筋厚の改善効果 福田記念医療技術振興財団情報大29号(2016):75-81
  34. Nakatani Y, Kawabe A, Matsumura M, Aso Y, Yasu T, Banba N, Nakamoto T. Effects of GLP-1 receptor agonists on heart rate and the autonomic nervous system using holter electrocardiography and power spectrum analysis of heart rate variability. Diabetes Care. 2016 39(2):e22-23.

総論・著書

  1. 牧田茂、安隆則、ほか:2021年改訂版 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン 末梢動脈疾患 https://www.j-circ.or.jp/guideline/guideline-series/
  2. Yasu T. Comprehensive cardiac rehabilitation program for peripheral arterial disease. J Cardiol 2021 in press.
  3. Yasu T. Clinical significance of an exercise program after cardiac resynchronization therapy. (Editorial) Circ J 2021 in press doi: 10.1253/circj.CJ-21-0629
  4. 落合香、安隆則:心臓リハビリテーショングリンノート  大血管疾患(大動脈瘤・大動脈解離) 2021年印刷中
  5. 長尾萌子、安隆則:包括的心臓リハビリテーション(後藤葉一編集) V-H.末梢動脈疾患 2021年印刷中 南江堂
  6. 田村由馬、安隆則:『包括的心臓リハビリテーション』(後藤葉一編集) V-G.大血管疾患(解離、術後、ステントグラフト後  2021年印刷中  南江堂
  7. 安隆則: 心不全、心臓手術後の心臓リハビリテーション、今日の治療指針2021年度 私はこう治療している 2020 医学書院
  8. 星合愛、安隆則:特集:心疾患診療に活かす心臓リハビリテーション まとめエッセンス「神経筋電気刺激治療の有効性」診断と治療2020;108(6):767-771. 診断と治療社 
  9. 安隆則:特集 内部疾患の運動療法のエビデンスと実践「オーバービュー-運動療法のエビデンスと実践」Clinical Rehabilitation 2020;29(4): 322-328 医歯薬出版 
  10. 巴崇、安隆則:急性期リハビリテーションの実際─なにを、いつ、どのように「大動脈解離・大動脈瘤」Clinical Rehabilitation 2020; 29(1):  医歯薬出版 
  11. 杉山拓史、安隆則:循環器疾患②弁膜症 総合診療  医学書院 2020; 156-164.
  12. 長尾萌子、安隆則:末梢動脈疾患 カレントテラピー ライフメディコム 2020; 68-72. 
  13. 岩倉具宏、安隆則:心不全に対する心臓リハビリテーション 循環器疾患 最新の治療 2020-2021 2020; 75-78. 南江堂
  14. 安隆則.主要病態の検査、高血圧・虚血性心疾患・心不全 今日の臨床検査2019-2020 2019;11-13.南江堂
  15. 岩倉具宏、安隆則:生理検査レポートのみかた「血圧脈波検査」 総合リハビリテーション 2019;47(4):389-393. 医学書院 
  16. 岩倉具宏、安隆則:心臓リハビリテーション 患者別のシミュレーションで考える治療戦略「閉塞性動脈硬化症のリハビリテーション」 月刊「Heart View2019;23(5) :502-508. メジカルビュー社 
  17. 安城直史、安隆則:心疾患治療としての心臓リハビリテーション「末梢動脈疾患に対するリハビリテーションの適応と効果」 循環器ジャーナル 2019;67(2):306-312. 医学書院 
  18. 安城直史、安隆則:内科疾患の運動療法「末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)」 臨床スポーツ医学 2019;36(4):398-405. 文光堂 
  19. 田宮創,田村由馬,安隆則.解剖図&コマ送り写真ですぐわかる♪患者に説明できる運動器のしくみと室内でできる運動療法 患者タイプ別室内でできる運動療法 動く機会の減った高齢患者(図説/特集).糖尿病ケア 2018;15(7):619-625. MCメディカ出版 
  20. 安隆則:肺高血圧症の診断と評価 心臓リハビリテーション 24(3.4):176-181. 2018
  21. 安隆則:特集もっともっとフィジカル!-黒帯級の技とパール 循環器系の症候「拡張期の雑音が聴こえるとき」 medicina 2018:55(9)1334-1337 医学書院
  22. 石川まゆ子、安隆則、杉村浩之:末梢血管疾患 「心臓リハビリテーションスタッフのための心臓病ハンドブック」 中外医学社 印刷中
  23. 安隆則:Q14血管機能の評価方法と心臓リハビリテーションへの応用方法についてわかりやすく教えてくださいQ15血管内皮機能とは何ですか?心臓リハビリテーションとは関係しますか? わかる!できる!心臓リハビリテーションQ&A 2018;36-39, 医歯薬出版株式会社 
  24. 杉村浩之、安隆則:末梢動脈疾患のリハビリテーションの意義―症状分類からのリハビリとメカニズム― 週刊 医学のあゆみ 2018;265(12)1009-1013, 医歯薬出版株式会社 
  25. 河邊篤彦、堀江康人、安隆則 薬剤誘発性心筋症 循環器診療ザ・ベーシックシリーズ「心筋症」 2017;148-161, メジカルビュー社  
  26. 杉村浩之、安隆則 内科疾患のリハビリテーション「末梢動脈疾患のリハビリテーション」 治療 2017;99:608-614 南山堂
  27. 安隆則:主要病態の検査、高血圧・虚血性心疾患・心不全 今日の臨床検査2017-2018 2017;11-13, 南江堂
  28. 堀江康人、安隆則 運動処方って何?なぜ必要? 循環器ナーシング2017,3,17-23,医学出版
  29. 安 隆則、河邉篤彦、堀江康人 末梢動脈疾患のリハビリテーション 先端医療シリーズ47「臨床医とコメディカルのための最新リハビリテーション」 2016;171-175先端医療技術研究所 
  30. 浅田宏史、安隆則 末梢動脈疾患の運動療法 「心臓リハビリテーションポケットマニュアル」2016;149-156,医歯薬出版(株)
お問い合わせ
トップにもどる