心臓や血管疾患の患者様一人一人のニーズに合わせ、高度で先進的な医療を提供いたします。

獨協医科大学日光医療センター 
循環器・腎臓診療チーム

新着情報

2018.08.23
『心リハ通信(H30.8月号)』を掲載しました。
2018.06.01
「獨協医科大学リハビリテーション部ブログはじめました」 リハビリテーション部の紹介や活動などをアップしています。
2017.08.23
8月2日(水)日光ニコニコ本陣にて地域で防ぐ心臓病(心疾患再発予防のための多職種研修会)ステップ1「心疾患の在宅管理~覚えてほしいキーワード~」にて安隆則主任教授が講演を行いました。
2017.07.03
地域で防ぐ心臓病-心疾患再発予防のための多職種研修会-のお知らせです。地域包括ケアに携わる方で興味を持たれた方、ぜひご参加ください。
2017.05.31
2017年6月17日に東京レールダル本社にて「心疾患シミュレーター Harvey」を使った循環器Physical examinationセミナーを安隆則教授が行います。
2017.05.29
「心リハ通信(H29.6月号)」を掲載しました。
2017.02.12
日本心臓リハビリテーション学会より「日本心臓リハビリテーション優良プログラム施設」として認定されました。
2016.07.04
『心リハ通信(H28.6月号)』を掲載しました。
2015.12.03
日光医療センター「循環器系後期研修プログラム」をUPしました。
2015.11.12
「我々の掟」をupしました。
2015.11.02
「心リハ通信(H27.10月号)」を掲載しました。
2015.09.27
The 10th World Congress for Microcirculation (第10回世界微小循環学会)で心臓・血管外科 清水理葉助教がKanrinmaru Poster Awardを受賞しました。
2015.08.10
夏季セミナー「循環器Physical examinationセミナー」無事終了いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
2015.05.11
「心リハ通信(H27.5月号)」を掲載しました。
2015.02.02
シニアレジデントを募集しています。

徳田安春先生、日光にて循環器スキルアップセミナーを開催します!

2018年12月22日(土)、獨協医科大学日光医療センターにて「ドクターG」として有名な総合診療医の徳田安春先生をお迎えして循環器スキルアップセミナー「こんなとき、フィジカル」を開催いたします。是非、徳田先生の講義を生で体験してください。

講演の後には症例検討会を引き続き行います。

リハビリテーション部ブログはじめました

獨協医科大学日光医療センターリハビリテーション部発信のブログを是非ご覧ください。こちらトップページの左に更新情報あります!

「心疾患再発予防のための多職種研修会」にて安隆則主任教授が講演しました

8月2日(水)日光市のニコニコ本陣にて安隆則教授が「心疾患の在宅管理~覚えてほしいキーワード~」をテーマに講演を行いました。

多数の参加者が安教授の講演に熱心に耳を傾けていました。

「心疾患再発予防のための多職種研修会」のお知らせ

当センター心臓リハビリテーション室と栃木県心血管リハビリテーション研究会主催の「心疾患再発予防のための多職種研修会」が行われます。

日光市および近郊市町村の地域包括ケアに携わるすべての方(医療・介護・保健分野でお勤めの方)、ぜひご参加ください。

詳しくは案内チラシをご参照ください。

「心疾患シミュレーター Harvey」セミナー開催のご案内

2017年6月17日(レジナビフェアの前日)に

「心疾患シミュレーター Harvey」を使ったセミナーを開催します。

当研究室、安隆則教授がPhysical examination skill を伝授いたします。

ぜひご参加ください。

H29.4月より新医局員が2名入局しました。

H29年4月1日より心臓・血管・腎臓内科に星合 愛先生(医工学大学院生)と長尾 萌子先生の2名が入局しました。

第7回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会において田宮創理学療法士が「優秀賞」を受賞しました!

平成29年2月18日、つくば国際会議場で開催された日本腎臓リハビリテーション学会学術集会にて当センターリハビリテーション部 田宮 創理学療法士がYoung Investigator Award (YIA)セッションで「優秀賞」を受賞しました。

「糖尿病性腎症患者への理学療法士による運動指導の有効性」

第23回日本ヘモレオロジー学会総会において清水理葉助教が「最優秀若手研究者賞」を受賞しました!

平成28年11月26日、梅田スカイビルで開催された日本ヘモレオロジー学会総会若手演題にて当センター心臓・血管外科 清水理葉助教が「最優秀若手研究者賞」を受賞しました。

「Ex vivoの微小血管モデルを使用した流動中における白血球活性化の指標の検討」

 

 

第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会で国内最大級のエントリー数にて発表を無事終了しました

7月16日(土)~17日(日)にかけて東京国際フォーラムにて第22回日本心臓リハビリテーション学会学術集会が開催され、獨協医科大学日光医療センター循環器・腎臓診療チームより多数の発表を行ってきました。

皆さん、お疲れ様でした。

○シンポジウム

1.安 隆則:運動困難な PADに対するリハビリプログラム(薬物、電気刺激、LDL吸着)シンポジウム3PADに対する心臓リハビリテーションの最前線,2016.7. 16

2.安 隆則:慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対する段階的肺動脈拡張術後の心臓リハビリプログラム シンポジウム4;肺高血圧症に対する心臓リハビリテーション 2016.7. 16

3.安 隆則:骨格筋電気刺激を用いた心不全の筋力トレーニング シンポジウム5;心不全患者のフレイル・サルコペニアを考える 2016.7. 17

○一般演題

  1. 藤原智亜紀,田村由馬,永坂優美,江原恭介,落合香,田宮創,高橋英里,上野明日香,中元隆明,安隆則.:外来心臓リハビリテーションにおける尿Na/K比計を用いた減塩指導効果.2016.7.16(ポスター)

  2. 江原恭介,田村由馬,高橋英里,落合香,藤原智亜紀,須藤誠,永坂優美,上野明日香,清水理葉,杉村浩之,中元隆明,安隆則:末梢動脈疾患患者へのバイブラバス使用による運動療法相加効果.2016.7.16-17(ポスター)

  3. 落合香,田村由馬,永坂優美,江原恭介,須藤誠,高橋英里,藤原智亜紀,上野明日香,浅田宏史,中元隆明,安隆則. :積極的運動療法が困難な末梢動脈疾患3例に対するベルト式骨格筋電気刺激の有効性.2016.7.16(ポスター)

  4. 田村由馬,浅田宏史,永坂優美,江原恭介,落合香,高橋英里,藤原智亜紀,上野明日香,中元隆明,安隆則.:受動的負荷方法による呼気ガス分析の検討.2016.7.16(口演)

  5. 須藤誠,田村由馬,藤原智亜紀,上野明日香,落合香,江原恭介,永坂優美,中元隆明,安隆則. :入院心臓リハビリテーション患者における作業療法対象者の特徴と傾向.2016.7. 17(口演)

  6. 永坂優美,田村由馬,江原恭介,落合香,須藤誠,高橋英里,藤原智亜紀,上野明日香,浅田宏史,中元隆明,安隆則.:心臓リハビリテーションにおける大腿筋超音波筋輝度測定の意義.2016.7. 17(口演)

  7. 安隆則、清水理葉:新しいマイクロ流路を用いた白血球活性化の新指標による心リハの評価 2016.7. 17(口演)

  8. 安隆則、藤原智亜紀、田村由馬、上野明日香、杉山拓史、河邊篤彦、上間貴子、石川まゆ子、下山正博、中元隆明:高齢化時代の地方型包括的心リハにおける多職種共通教育ツールを活用した切れ目のないシステムをめざして 2016.7. 17(口演)

  9. 上野明日香、藤原智亜紀、河邉篤彦、石川まゆ子、安隆則:CRT-D植え込みと心臓リハビリテーションが効果的であった、冠動脈バイパス術後の重症慢性心不全患者の症例 2016.7. 17(ポスター)

巴 崇(ともえ たかし)先生がレジデントとして入局しました!

平成28年4月1日より心臓・血管内科医局に巴 崇先生が入局しました。

 

The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese

チーム医療セッション 教育講演2(HF)

安隆則:PADのリハビリと臨床検査(下肢エコー、ABIなど)

一般演題

下山正博:Efficacy of Urine Na/K Ratio Self-check to Reduce Salt Intake in Patients with Hypertension, CKD, and Heart Failure

石川まゆ子:Efficacy of Everolimus-Eluting Stent Implantation in Patients with Small Coronary (<2.5mm) Arteries: Outcomes of 4-year Clinical Follow-up

田村由馬:漸増電気的骨格筋刺激時の呼気ガス分析と血液流動性の検討

藤原智亜紀:他職種共通教育ツール「書き込み式心血管リハビリガイドブック」を用いた系統的二次予防教育の予後に与える影響

病院の実力2016年度版/いい病院2016に掲載されました

 

特許出願中!(特願2015-230307)

「白血球の活性化度の測定装置及び測定方法」

 

 

kanrinmaru poster award 受賞!

会場にて

平成27年9月25日~27日、国立京都国際会館で開催されたThe 10th World Congress for Microcirculation(第10回世界微小循環学会)にて当センター心臓・血管外科 清水理葉助教がポスター発表を行い「kanrinmaru poster award」を受賞しました。

 

「A novel parameter reflecting rheology and activity of leukocytes in ex vivo microvascular model」

 

循環器 Physical examination セミナー中級編も大盛況のうちに終了!

ハーベイを使った理学所見の様子

黒木先生による心尖拍動測定装置を用いたレクチャー

実際の患者さんで診断手法を学ぶ受講生たち

黒木茂広先生を囲んで参加者全員で

8/9(日)、当センターにて「循環器 Physical examination セミナー中級編」を開催しました。

午前は当センター安隆則教授による「ハーベイ、イチローシミュレーターを使った理学所見の応用編」をみっちりと行い、症例を使った循環器理学所見を研修医の方々は熱心に学んでおられました。

午後は循環器Physical examination講習会世話人として循環器理学所見の取り方を指導するために全国を行脚する黒木茂広先生(とちぎメディカルセンターとちの木病院院長)をお招きして、「視診と心尖拍動でここまでわかる」と題しまして黒木先生らが開発した心尖拍動測定装置を用いて、熱心に指導して頂きました。

《受講者の声》

今回、循環器physical examinationセミナーに参加させて頂き誠にありがとうございました。大変勉強になりました。 

ベッドサイド教育、ベッドサイドphysical回診、ハーベイを使ってのハンズオン教育は、非常に重要であると思っています。また、黒木茂広先生のように循環器physicalの達人に学ぶことは、非常に大切であると思います。遠方から参加しても十分に意味のあるセミナーでした。今後も参加したいと思います。

循環器 Physical examination セミナー初級編、大盛況のうちに終了!

徳田安春先生を囲んで参加者全員で

ハーベイを使った理学所見の様子

徳田安春先生のレクチャー

実際の患者さんで診察スキルを磨く参加した研修医たち

7/26(日)、当センターにて「循環器 Physical examination セミナー」を開催しました。

午前は当センター安隆則教授による「ハーベイ、イチローシミュレーターを使った理学所見」をみっちりと行い、シミュレーターならではの様々な所見を研修医の方々は熱心に学んでおられました。

午後は総合診療医として多数の著作やテレビ出演をされている徳田安春先生(地域医療機能推進機構本部研修センター長)をお招きして、「診断エラーを防ぐ診察スキル」と題しまして実際の患者様にご協力いただき、徳田先生より診断手法などを熱心に指導して頂きました。

次回は8/9(日)に中級編を開催いたします。まだ定員に余裕がございますので、研修医の先生方のご参加お待ちしております。

お問い合わせ
トップにもどる